中古マンション売却の消費税

マンションを購入するときはかならず消費税がかかりますが、これから中古マンション売却する場合に、消費税がどのような原因や影響を与えるかを、考えてみましょう。中古マンションの売買に関わる取引のうち、たとえば土地に関しては消費税はかからないようになっています。消費税は建物を購入した場合や依頼した場合に課税されます。
また中古マンションというのは売主が個人の場合がほとんどなので消費税がかからないことが普通ですが、取引にかかわる諸費用の中には、手続きによって課税されるものがあることも。

 

通常の場合ですと新築マンションであったり建売住宅の購入・注文建築といわれるものや、リフォーム工事などが対象となるでしょう。中古物件の場合、個人から購入することが普通一般的なので、基本的には消費税は課税されないです。
注意しておきたいことがあるとすれば、引渡しまでに時間がかかってしまい多少の期間が空く場合です。たとえば、仲介手数料というのは、売買契約時に半分かかり、その後に残金決済・引渡しの時点にて残りの半分残金を支払うのが流れとなっています。

 

たとえば契約を3月中に行ったとしても、物件の引渡しが4月以降にずれこんでしまうと、仲介手数料の半分に対して消費税の8パーセントがかかってくることも。いろんな購入や報酬も同じで3月末までに確実に引渡しをできるだけ早めに済ませられるように、余裕をもってスケジュールを組んでおきましょう。

 

 

マンション売却を墨田区で

不動産価格の上昇に伴い、マンション売却を伴う不動産購入の機会が増えてきています。民主党政権から自民党政権に代わり、いわゆるアベノミクス効果にも恵まれ、まだまだ、国民全体とまではいかないまでも多くの人に景気浮揚期待感が生まれました。

 

今般の不動産業者や建設業者の決算などにもその影響があらわれる結果となりました。東京の墨田区においてもそれに漏れることなく不動産業者の好調さが伺われます。特に、スカイツリーの登場により、観光地として有名なり、日本国内にとどまらず、海外からの来客者にも恵まれています。不動産価格にはプラスの材料になるのは明白な事実であるといえます。

 

元々墨田区内に住む人にとっても地元が注目されることはいいことであると多くの人が喜んでいます。区内で商売をしている人の中には、千載一遇のチャンスととらえ、新たに人を雇い入れるなどの攻めの体制づくりをしている店主の声も聞こえています。中には、高値がついた今を逃すまいと思い、マンション売却に踏み切った人も多くいます。

家売却でローン中の場合

ローンの支払いが終わっていないのに、事情によって家売却に踏み切らなければならないケースはよくあります。ローン中の家でも売却することはできます。ローンの残債は、家を売却して得た代金を当てることになります。高く売れれば残債を支払っても、余剰資金が手元に残ります。

 

安く売れたらローンを完済できずに、残りのローンを引き続き払い続ける必要があります。そのためローン中の家売却では、売り出し価格の決め方が重要になります。売り主はなるべく高く売りたがりますが、売却の仲介をする不動産屋にしてみれば、あまり高く設定すると買い手がつかないというデメリットがあります。

 

しかし売り出し価格が低すぎると、買い手はすぐに見つかりますが、ローンの残債を支払いきれないというデメリットがあります。また仲介を依頼する不動産業者の選び方も大事です。売却実績のある業者を選べば宣伝広告活動も積極的にやってくれるので、買い手が見つかりやすくなります。

認知症という理由で不動産売却

高齢化が進む中、様々な問題が出現しました。認知症患者の増加もこの一つかも知れません。認知症は本人もつらいですが、何よりも周りで介護する人が本当に心身ともに疲れ果ててしまいます。そんな認知症の人が不動産売却をしたい場合はどのような手続きが必要なのでしょうか。

 

不動産売却のような法律行為を行う場合には、行為を行う本人がその結果に対して判断できる精神状態であることが必要になってきます。そのため、認知症患者には現実的に難しい行為であると言えます。しかし、そんな場合は民法で定められている法定後見制度というものを利用するといいです。
参考サイト:外壁塗装も人気です。

 

この制度は認知症等によって判断する力がないと思われる人たちのために、家庭裁判所が適切な支援者を選ぶと言う制度です。選ばれた人は本人の気持ち等を尊重しながら不動産売却などのような財産管理や身の回りのことを行うことができます。認知症になれば、家族の金銭的な負担も大きいはずです。この制度を利用して、不動産売却をし、介護費用に充てることも十分に可能です。

土地売却手続き

一昔前では土地の売却は個人同士で行われた場合も多かったかも知れませんが、その後のトラブルの事も考えると、今では不動産業者に仲介してもらうか、買い取ってもらうケースの方が一般的で安心です。

 

土地売却手続きの簡単な流れとしては、まずは、仲介の不動産業者を選ぶことから始まります、最近ではネット上で無料査定を行ってくれる業者も多いので、数社に査定をしてもらい、その結果を照らし合わせて決めることをお勧めします。業者を決めたら、媒介契約を交わし、その後、業者は様々な広告媒体等を使用して、買主を探します。自身も納得できる買主が無事見つかれば契約に進むことになります。

 

買主からは買い付け証明や約1割程度の手付金を受け取ります。その後、双方の意思が合意に至れば売買契約書を取り交わします。最後に代金の決済をし、引き渡しと同時に買主への移転登記を行うという流れになります。大まかな流れを頭に入れた上で土地売却の手続きを行えばスムーズにできます。

家売却費用

家売却費用の内訳はどうなっているのか知っておくと売却時に損をしないで済みます。まず、かかる費用は印紙代です。家を売却する際に書類に張り付ける収入印紙のことで金額によって収入印紙代は変わります。5000万円を超えると一気に収入印紙代があがるので注意が必要です。

 

そして、買主・売主両方に張り付ける場合は2つ分必要になります。次に仲介会社を通じて売却する場合には仲介手数料がかかります。これは仲介会社によってまちまちですが上限金額は設定(取引価格×3%+6万円+消費税の計算です)されているのでそれ以上の金額が請求されることはないです。

 

しかし、消費税がかかる場合は消費税分だけは上限を超えることもあります。次に抵当権抹消登記費用がかかります。これは土地・建物それぞれに登録免許税がかかりますがそれほど高くはないですが、司法書士の方に依頼する費用もかかります。場合によっては譲渡益課税も取られる場合もありますが確定申告時に関係するのですぐに必要とわけではないですし、払わなくてもいい方もいるので確認が必要です。
最後に住宅ローンの残債がある場合はその費用と事務手数料が必要なるので加入ローンの制度の確認が必要です。